MENU

 

フェイシャルエステに通う頻度は、結論から言うと人それぞれ異なります。

 

フェイシャルエステで行っている施術には、ニキビケアやしわ・たるみケア、美白ケア、リフトアップ、美肌などいろいろなメニューがあります。

 

また、症状の度合いも個人差がありますし、いつまでに効果を出したいという希望も人によって違います。

 

ですので、このぐらいの頻度で通えば良いということは一概には言えないのですね。

 

ターンオーバーの日数=約28日が1つの目安になる

 

ただ、年齢やフェイシャルエステに通う目的によって、ある程度は頻度の目安があります。

 

年齢で頻度が変わるのは、肌のターンオーバーが関係しています。

 

ターンオーバーというのは、基底層で新しい肌細胞が作られて、それが表皮まで押し上げられて古い角質と入れ替わる肌の再生機能です。

 

この周期は、20代前半までは約28日間となっていて、年齢を重ねるごとにそのサイクルは長くなっていきます。

 

これが加齢によって起こる老化現象につながるのですが、ターンオーバーに合わせてケアをすることで、ダメージやトラブルを改善しやすくなります。

 

ターンオーバーを考えると2週間に1回、または月に1回

もし、ニキビやしわ、シミなど肌トラブルを予防して美肌を維持したいという場合、つまりニキビなどの予防という観点であれば月に1回ぐらいの頻度でよいしょう。

 

肌はもともと、自分自身で細胞の衰えを回復させたりダメージを改善する力を持っています。

 

スキンケアはその力をサポートするものですから、月に1回、フェイシャルエステでスペシャルケアをしてあげると、肌力をさらに高めてあげられます。

 

ただし、あまり頻繁にスペシャルケアをしたところで、肌のターンオーバーの速度には限界がありますから、月に1回くらいの頻度でよいでしょう。

 

ニキビやニキビ跡の改善なら、2週間に1回くらいがおすすめ

ニキビを改善したい、ニキビ跡を早く治したいなどの場合は、症状に合わせて2週間に1回くらいの頻度がおすすめです。

 

肌の「上の方に古い角質」があり、「下の方に新しい角質がある」と考えてみてください。

 

肌は28日程度で入れ替わっていると考えると、14日たつと、下にあった新しい角質が上に出てきて古い角質となる、と考えることができます。

 

となると、やはりニキビ予防やニキビ跡の改善には、2週間に1回くらいの頻度でエステに通うのがいいでしょう。

 

※これはエステの場合であり、美容皮膚科など行うレーザー治療など、真皮層にまで作用させる治療は、1ヶ月に1回など、もっと頻度は少ない方がいいでしょう。。

 

ニキビができやすい肌は、その都度、適切なスキンケアをしてあげないと、トラブルはどんどん悪化してしまいます。

 

もちろん肌の状態によるので、絶対にこれだけ通わなくてはいけない、ということは言えませんが、エステティシャンさんのおすすめする頻度で通うできるだけまめに通うようにしましょう。

 

 

いずれにしても、フェイシャルエステの通う頻度は、カウンセリングを受けるとエステティシャンが適切な回数をアドバイスしてくれます。

 

「自分はどれくらいの頻度で通えば良いのか正確に知りたい」という場合は、無料カウンセリングだけでも受けてみるといいですね。

このページの先頭へ