MENU

 

ビタミンCのイオン導入は、肌への負担がまったくない施術として、エステサロンでは高い人気があります。

 

美容成分というと真っ先に思い浮かぶビタミンCには、ニキビの改善やニキビ跡改善の効果が期待できます。

 

ビタミンCには、抗炎症作用や、皮脂分泌をおさえる働きがある

 

ニキビを改善するには、炎症を抑えること、皮脂の過剰分泌を抑えることが必要です。

 

炎症を鎮めないと、範囲がどんどん広がってニキビが悪化します。

 

また、ニキビの元の角栓を作る原因の一つとなる皮脂が過剰に分泌されたままでは、ニキビが増えてしまいます。

 

 

ビタミンCには「抗炎症作用」と「皮脂の分泌量をコントロールする働き」があるので、ニキビの改善に効果的なのですね。

 

ニキビ跡は、メラニン色素が沈着するタイプと、肌の組織が炎症のダメージを受けてデコボコになってしまうタイプがあります。

 

ビタミンCというのは、メラニン色素還元作用があるのでシミのようになったニキビ跡の改善にも効果を発揮します。

 

コラーゲンの生成をサポートしてくれる働きもありますが、クレーターのようになったニキビ跡の改善までは難しいでしょう。

 

しかし、ニキビ跡の色素沈着や、ニキビ予防の効果があるだけでも、十分に有用な成分だと言えます。

 

イオン導入でのビタミンCの浸透性は、手でのパッティングとは比較にならない

 

ビタミンCは化粧水や美容液にも配合されていますし、サプリなどで経口摂取できます。

 

それでもイオン導入が支持されているのは、ビタミンCの性質にあります。

 

ビタミンCは分子量が大きく、しかも酸化しやすい性質を持っているため、スキンケアで外側から浸透させるのが難しいのです。

 

そのため、どんなに含有量が多くても、ほとんどは肌の表面だけに留まってしまうのです。

 

また経口摂取をしても、ビタミンCは体の至るところで必要な栄養素ですから、肌にたどり着くまでに消費されます。

 

しかも水溶性なので、たくさん摂っても尿などで排出されてしまいます。

 

 

イオン導入というのは、マイナス電極を発生させるヘッドを肌に当て、ビタミンCが入ったジェルを塗布して行う施術です。

 

ビタミンCもマイナス電極を持っているので、イオン導入器を当てると電極が反発し合います。

 

この反発する力を利用することで、肌の奥にビタミンCがしっかり浸透するので、普通にスキンケアをするよりも高い効果が得られるのです。

 

 

イオン導入は、機能が搭載されている家庭用美顔器を使えば自宅でも可能です。

 

ただし、家庭用美顔器はパワーが弱いものもありますし、ビタミンCが配合されているジェルの質が低いと思うような効果は得られません。

 

特にケアが難しいニキビやニキビ跡の場合は、エステサロンなどプロに頼った方が確実です。

 

イオン導入は特に高額な施術ではありませんし、エステサロンによってはトライアルが受けられるので一度効果を試してみるといいですね。

このページの先頭へ