MENU

ニキビ跡のケアで高い効果が期待できるのがピーリングです。

 

ピーリングは、フルーツ酸や酸性の薬剤を使用して、肌の表皮に溜まっている古い角質を除去するケアです。

 

本来なら、ニキビを予防するために行うことが多いのですが、古い角質を除去するとニキビ跡の解消にもつながります。

 

赤みのニキビ跡や、色素沈着のニキビ跡を改善するために必要なのがターンオーバーです。

 

赤みは、毛細血管によって赤くなっている状態なので、肌を修復させることによって治すことができます。

 

肌の修復させるには、肌のターンオーバーが必要です。

 

色素沈着は、メラニン色素が排出されず肌の奥に残っている状態です。

 

沈着しているメラニン色素を排出するには、ターンオーバーによって新しい肌細胞が表皮に押し上げられるという働きが必要になります。

 

クレーターのニキビ跡に関しては、ピーリングの効果は限定的

 

クレーター状のニキビ跡は、肌が凹んだまま固まってしまった状態です。

 

これは、そのままターンオーバーしても、凹みが盛り上がってくることはありません。

 

クレーターのニキビ跡を治すには、凹んで固まった状態を一度壊して、肌を再生させる必要があります。

 

ここで、

 

「ピーリングは、肌を溶かすのだから、ピーリングでもクレーターが治せるのでは?」

 

と思うかもしれませんが、そうもいかないのが現実です。

 

というのは、ピーリングでよく使われる酸は「グリコール酸」なのですが、これは古い角質をとるためのものです。

 

古い角質をとりのぞく程度では、クレーター状に凹んだ部分を壊して再生させることはできません。

 

トリクロロ酢酸ピーリング(TCA)を使えば、凹みの改善ができる場合もあるものの・・・

 

トリクロロ酢酸という酸を使えば、皮膚を溶かすことができるので、これで凹みを改善することは、可能といえば可能です。

 

しかし、本当に皮膚を溶かすくらい危険なものなので、安易に使うものではありません(※危険物ですから、普通には手に入りません)。

 

どうしてもトリクロロ酢酸ピーリングを受けたい場合は、実施している美容クリニックに相談しましょう。

 

グリコール酸でのピーリングは、ダウンタイムが少ないのもメリット

 

グリコール酸でのピーリングは、ダウンタイムが少ないのもメリットです。

 

レーザー治療やダーマペンでの治療と比べると、赤みはそれほどひどくは出ません。

 

「仕事やデートなどで人に会うから、ダウンタイムが長いのは困る」

 

なんて方でも支障をきたすことなくニキビ跡の治療ができるわけです。

 

 

ただ、クリニックでのピーリングと、エステでのピーリングは、ピーリングの濃度が異なりますから、クリニックでのピーリングの場合、多少赤みがでる場合があります。

 

それでも、赤みは数時間から1日程度で引くのが一般的ですが、ピーリングの濃度や個人差によって異なります。

 

赤みのリスクを避けてピーリングを受けるには、エステサロンなど肌に優しいピーリングをしてくれるところで受けるのがおすすめです。

 

ピーリングのあとにイオン導入でのビタミンC導入を受けられるエステもあるので、軽度のニキビ跡であれば、数回の施術で効果が実感できるかもしれません。

 

ピーリングを受けた後は、保湿ケアやUVカットが必須!

 

ピーリング後には、保湿ケアやUVカットをしっかりやらなければいけません。

 

ピーリングをするとバリア機能が低下しますから、肌が乾燥しやすくなりますし、ちょっとした紫外線でもダメージが大きいです。

 

この点だけ気をつけていれば、セルフケアよりも確実な効果を得られます。

このページの先頭へ