MENU

肌は、皮脂膜というバリア機能によって守られています。

 

この皮脂膜を作るのに必要な皮脂は、毛穴の中にある皮脂腺で作られています。

 

ですから、皮脂は毛穴から分泌されます。

 

 

毛穴から皮脂がスムーズに分泌されれば、ニキビができることもありません。

 

しかし、毛穴が詰まって皮脂が排出されきらずに、毛穴が皮脂のプールのような状態になってしまうと、それがニキビの原因となります。

 

 

なぜ、毛穴に皮脂がたまるとニキビの原因となるのか?

 

 

というと、皮脂はアクネ菌のエサになるので、皮脂がたまった毛穴にアクネ菌が増殖してしまうからです。

 

 

毛穴が詰まってしまう原因

 

毛穴が詰まっていまう原因は、いくつかあります。

 

ニキビができやすい人に多い原因は、角化異常がおこりやすい肌質をしているということです。

 

角化異常とは、角質が厚く・硬くなっていまう症状のことで、これによって毛穴がふさがってニキビができやすくなってしまうのです。

 

この肌質は遺伝的なものですから、肌質そのものを変えることはできません。本当に困ったものです。

 

 

毛穴が詰まる原因は、ターンオーバーが乱れることも関係してきます。

 

ターンオーバーが正常に行われていれば、古くなった角質は自然に剥がれ落ちて毛穴が詰まることはありません。

 

しかし、ターンオーバーが遅かったり早かったりして、乱れていると、うまく角質が剥がれることができません(肌状態が荒れ地のような状態になっていることをイメージしてください)。

 

結果、古い角質がどんどん溜まっていき毛穴を塞ぎ始めます。

 

そこに皮脂が分泌されると、角質と混ざり合って角栓に変化します。

 

この角栓は、メイクや肌に吸着した大気の汚れとも混ざってしまい、次第に毛穴の中で硬くなり完全に毛穴を塞いでしまうのです。

 

 

角栓によって塞がれた毛穴の内部は無酸素状態になるのですが、こういった環境を好むのがアクネ菌です。

 

角栓が詰まった毛穴の中はアクネ菌が繁殖しやすいため、どんどん増殖していきます。

 

増殖したアクネ菌からは、皮膚に刺激を与える分泌物や物質が発生するため、その刺激によって炎症が起こります。

 

また、炎症が起こると免疫細胞が反応して、白血球に「アクネ菌を取り除きなさい」という指令を出します。

 

そして白血球が角栓部分にたくさん集まってアクネ菌と戦うのですが、これによって炎症が引き起こされて、腫れた赤ニキビができてしまうわけです。

 

これが、ニキビが発生するまでの流れです。

 

ニキビ予防には、毛穴詰まりを防ぐことが最重要

 

ニキビの原因にはアクネ菌も関係していますが、この流れを見ると分かるように、ニキビを予防するためにはまず毛穴づまりを防ぐことが重要になります。

 

毛穴づまりを防ぐポイントは、

  • 皮脂の分泌を抑える
  • 古い角質は取り除く
  • 肌の柔軟性を保つ

この3つです。

 

皮脂の分泌量が多いと、毛穴の排出機能が追いつかなくなり皮脂が詰まってしまいます。

 

皮脂のコントロールは難しいですが、油分や糖分を摂りすぎないようにしたり、分泌を抑制するビタミンCを意識して摂取するといいですね。

 

 

古い角質は、ピーリングをすると綺麗に除去できるので、定期的にピーリングをするのもいいですが、ディフェリンゲルなどを使っている場合はピーリングは避けましょう(ディフェリンゲルにピーリングのような作用があるため)。

 

 

また、肌の柔軟性がなくなるとターンオーバーが低下してしまうため、保湿ケアを徹底して行ってください。

 

化粧水や美容液で保湿成分を補うのはもちろん、保湿クリームなどでバリア機能を強化して、水分が保持出来る環境を作ってあげましょう。

 

 

ただ、毛穴づまりをしないようにケアをしていても、鼻など皮脂の分泌量が多い部分はどうしても詰まってしまうことがあります。

 

上手く毛穴つまりが防げない場合は、月に1回ぐらいのペースでエステサロンのフェイシャルエステを利用して、しっかり詰まりを取り除くといいです。

このページの先頭へ