MENU

ストレスでニキビができるのは、自律神経とホルモンが関係しています。

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」から成り立っていて、これらの神経がバランスよく交互に働くことで健康な状態を保っています。

 

ストレスがたまると、男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が増える

 

しかしストレスがたまると、男性ホルモンを分泌する交感神経の働きが活性化します。ストレスホルモンの分泌量が増えます。

 

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進する働きや角質層を厚くして肌を守る働きがありますが、ニキビができやすい人にとっては、これがニキビの原因となりやすいわけです。

 

ストレス状態が長引くと、男性ホルモンのよる皮脂分泌が過剰になってしまい、毛穴に皮脂がたまってニキビができてしまうのです。

 

ニキビができることが滅多にないような肌の人は、毛穴の大きさが十分にあり、皮脂がつまることがありません。

 

しかし、ニキビができやすい人は、肌の角質が硬く・厚くなりやすいため、皮脂がうまく毛穴から出てくれず、つまってしまいやすいのです。

 

 

このように、ストレスを受けると皮脂の過剰分泌が促されてしまうので、ニキビの原因となってしまうのです。

 

ニキビがあること自体がストレスになり、悪循環に・・・

 

さらにストレスが厄介なのは、ニキビが出来ることでもストレスが溜まるところです。

 

すぐに治れば問題ありませんが、ストレスによるニキビは頑固で、薬やスキンケアでは簡単に治りません。

 

赤ニキビや黄ニキビに薬を塗ると、炎症は早く収まるものの、跡がなかなか引きませんよね。

 

ニキビができること自体もストレスですが、ニキビ跡ができることで、長期間のストレスになってしまいます。

 

ニキビができやすい人は、複数のニキビ跡があることがほとんどだと思いますが、これが本当にやっかいですよね。

 

 

ニキビやニキビ跡でストレスを感じ、そのせいで余計にニキビが悪化したり増えたりする、という悪循環を引き起こします。

 

 

ストレスニキビの悪循環を断ち切るには?

 

この悪循環を断ち切るには、ニキビケアもしつつ、ストレスを積極的に緩和させることが必要です。

 

ストレスを緩和するには、毎日こまめにストレスを発散するのが一番です。

 

と言っても、忙しい毎日の中では自分の好きなことをしたり、リラックスする時間を持つのも難しいかもしれませんね。

 

ストレスを発散する暇がない、という方は、まず少しのことでも楽しい、幸せと感じられる心を持ちましょう。

 

 

電車に間に合った、挨拶が気持ちよく出来た、お昼ご飯が美味しかったなど、小さい幸せは意外にたくさんあります。

 

ストレスはネガティブな感情ですが、それをポジティブな感情で埋めていくことでストレスの緩和につながります。

 

すぐには無理でも、幸せを感じ取る習慣を身につけて、ニキビ対策に役立ててみましょう。

 

ニキビがあるのをあまり見すぎないようにしよう

 

それと、ニキビをあまり見ないようにすることも大切です。

 

ニキビが顔にあるととても気になりますが、見てもイヤな気分になってストレスになるだけです。

 

鏡を見るのは、スキンケアのときくらいにしておく方がよいです。

このページの先頭へ